chassis) エスコ 0歳-4歳】 打撃めがねレンチ 115mm (EA613GA-115) マットレス めがねレンチ 眼鏡レンチ レンチ めがね

« 空の日フェスティバル2008 in 羽田空港 ~ターミナル編~ | トップページ | あいつらが帰ってきた!(厚木基地) »

かなり遅くなりましたが、9月7日の羽田空港 空の日フェスティバルで開催された航空機展示会の模様を紹介したいと思います。

展示機は航空局の飛行検査機と海上保安庁の航空機が中心で合計9機。

【航空局 飛行検査機】
・日本航空機製造 YS-11
・ボンバルディア BD-700
・ボンバルディア DHC-8
・ガルフストリーム G-IV
・サーブ 2000

【海上保安庁】
・ユーロコプター スーパーピューマAS332L-1
・ガルフストリーム G-V

【他】
・セスナ 501(産経新聞)
・ユーロコプター EC135T1(毎日新聞)

昨年もそうだったと思うのですが、今年も多くの航空機で機内見学が可能となっており、そのためかAPUを動かしている機体が多く、ナイスサウンドが響き渡ってました。

また、エンジンのメンテナンスベイを開けている機も多く、中々にマニア心をくすぐる展示でした。

YS-11のエンジン。なんかエアブレーキみたいな開き方をしてます。
拡大Dsc00250_2
Sony DSC-T2

サーブ2000のエンジン。
拡大Dsc00222
Sony DSC-T2

ボンバルディア DHC-8のエンジン。
拡大Dsc00228
Sony DSC-T2

ボンバルディア BD-700のノーズ。確か左エンジンのカバーも開いていたように思いますが撮影忘れました。
拡大Dsc00255
Sony DSC-T2

/> /2010/04/index.html">2010年4月

  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 無料ブログはココログ